三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

私たちのビジョン

お客さまの信頼を重ねて、信託と融合した新しい不動産ビジネスへ。 取締役社長 竹内 伸行

高い倫理観と専門性を発揮

一般的に不動産仲介というと、多くの方は土地やマンションなどの売買を取り扱う会社をイメージすることと思います。必ずしも間違いではありませんが、それが当社のすべてではありません。三菱UFJ信託銀行を母体とする当社は、個人のお客さま、とりわけ富裕層へのリテール営業を強みとして、一般的な不動産取引はもちろん、信託業務との連携の中で相続のお手伝いなどに踏み込むこともあります。私たちが仕事を進める上で大切にしている「Fiduciary Duty」という言葉には、資産を託される者として高い倫理観を持ち、専門性を発揮して信頼に応える意味が込められています。不動産をモノやハコでなく、お客さまの大切な資産ととらえることが、一般的な不動産会社と一線を画す、当社の事業コンセプトなのです。

不動産のプロとなるために

私は、若い頃から不動産ビジネスに携わり、この仕事を通じて人生に大切なことを学んできました。不動産の仕事は、お客さまと真剣に向き合う中で自立意識を高めてくれます。実務の知識、法務や税務の知識、営業手法などのスキルを身につければ、弁護士・税理士といった専門家と同じくらいのレベルで不動産のプロフェッショナルと認められます。会社だけに頼らず、自分の力でお客さまの信頼を獲得することもできるでしょう。たとえ小さな挑戦であっても、繰り返し挑戦し続ける事で大きく成長する、それがこの仕事の醍醐味と言えます。

お客さまを大事に想う人

当社は、今後もグループ会社と協働し、より信託と不動産を融合させたビジネス機会を創出しようと考えています。不動産投資や相続問題に直面したお客さまを包括的にサポートするには、お客さまを第一に考える組織づくりやチームワークが重要です。したがってお客さまを大事に想い、誠実に応えられる人は、当社に適した人材と言えます。ライフスタイルの多様化が進み、新しい発想で住まいや不動産活用を提案できる人材も求められています。私たちとともに、不動産ビジネスの次のステージに向かいたい、そのような意欲を持った学生の皆さんにお会いしたいと願っています。