三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

人を知る

新入社員座談会 妥協せずに、一歩一歩。毎日が発見と成長の日々

お客さま以上にお客さまのことを考える、という視点。

石井 今日は同期3人が集まって、これまでのことをいろいろと振り返ってみたいと思います。 藤井 研修で一緒になることが多いから、ひさしぶりって感じがしないね(笑)。 指田 あらためて、私たちの就職活動や現在の仕事について話をしましょう。そもそも私がこの会社に興味を持った理由は、人事の方が説明会で「お客さま以上にお客さまのことを考える」仕事だと話してくれたこと。当時、販売のアルバイトをしていたこともあって、心に刺さる言葉でした。 藤井 これまで、不動産会社というと業界No.1を目指すとか、売上げ重視というイメージでしたが、お客さまの目線を大切にしている当社は、たしかに他社とは違いましたね。金融系の基盤があることも珍しく、ここしかないと思って面接を受けました。 石井 「人」の人生のターニングポイントに立ち会うようなことを仕事にしたいと思っていて、不動産業界以外に色々な業界を研究しました。そして、人を大切にする会社、人物重視の会社を中心に探していました。 指田 2人は面接はどうだった? 私の場合はとても楽しかった、という印象です。大学で野球部のマネージャーをやっていたこともあり、面接ではその話で終始押し通しました。終わってからハッとして、それだけでよかったのか……と不安になったんですが、今思えば私の人となりを見てくださっていたんですね。 藤井 こう聞かれたら、こう答えようと用意していたんだけど、意外な質問も多くて、結局アドリブで答えることが多かったな……。逆にありのままの自分を見てもらうよい機会になったと思う。 石井 面接では緊張すると思うけど、自分らしい受け答えをするのが一番だよね。あとは第一声から元気よく、明るく声を出すことが大切かな。 指田 それは、社会人になっても大切な“基本”ですね。

初契約からがスタート。大切なことは失敗から学ぶ。

石井 みんなの仕事ぶりが気になるけど、その辺りの情報交換もしたいですね。 藤井 その前に石井くん、宅建の試験、合格できてよかったね(笑)。 石井 ありがとう。新社会人生活と試験勉強の両立で正直とても苦労したけれど、宅建取得の支援制度を利用して勉強することもできたし、本当に受かってよかった。 指田 でも、同期の中では一番早く契約が取れたよね。石井君は7月で、私は8月でした。 藤井 一日の差で石井くんに先に初契約を獲られたんだ。ちょっと悔しかったな…。 石井 7月、8月に初契約できたのは早いほうだと先輩が言っていましたよ。初契約のエピソードだとか、入社後に印象的だった出来事って何かある? 指田 初契約に向けて、私はとにかく電話をたくさん取るようにしていました。ちょっとしたことだけど、お客さまとの接点を増やすことが、早めの契約につながったんだと思います。 藤井 契約に至っても気は抜けませんよね。初契約ということは、契約に必要な書類作成や手続きも初めてということ。お客さまに迷惑がかからないよう慎重に、でも決められた期日までに手続きを進めなければなりません。 石井 実は初契約のあと、別件で成約のチャンスがあったんですが、途中で他社に取られてしまいました。順調に交渉を続けていく中で、ふとした際の何気ない質問にすぐに答えられず、素早い対応ができなかったんです。しっかりと説明できていればと反省しました。 指田 失敗から学ぶことは多いですよね。私も購入意思が強いお客様に対応していたのに、要求レベルが高すぎて私の対応スピードが落ちてしまい、最後は断られてしまいました。経験不足ということもありましたが、きちんと計画を立てて仕事を進めていれば、結果は変わっていたと思います。 藤井 成約という結果を得ることだけでなく、税金や法律のことなど、一般の方があまり知識を持っていないことに答えられたときは、不動産の営業として成長できているんだな、とやりがいを感じます。小さなことだけど、こういう積み重ねが信頼につながっていくんだろうと思います。毎日発見することがあり、吸収できることも多く、今は本当に仕事が楽しいですね。

優しさと厳しさと楽しさが入り交じる会社

藤井 柏センターに配属されて「住宅特化ライン」という部署で働いているんですが、比較的一人で動くケースが多いように思います。それが可能なのも、困った時にはすぐ相談できる先輩方がいてくれるから。皆さんは、先輩方とどのように関わっている? 石井 初契約を取ったと言っても、ほとんど先輩に手伝っていただいた形になってしまいました。なぜ、この書類が必要なのか、その理由や業務の流れをすべて教えていただきました。早く一人で契約から決済まで一連の流れをマスターしたいし、そうすればもっとこの仕事の面白さを実感できるのではないかと感じています。 指田 特にOJTの先輩は気兼ねなく頼ることができる存在。時に優しく、時に厳しく私たちを指導してくださいます。いつも初心を忘れず、というのが先輩から学んだ教訓ですね。 藤井 先輩のすごいところは、膨大な知識量。不動産以外にも、経済のニュースから地域のグルメの話まで、本当に何でも知っています。表現力が豊かでお客さまとの会話にも厚みがあります。しっかり勉強して、経験も積んで、そういう営業を目指したいと思っています。 石井 「人」のことをよく見てくれるのが当社の社風と言えるよね。優しいだけでなく、真剣に向き合って、的確なアドバイスもしてくれる人ばかり。厳しいところと温かいところの切り替えがしっかりしていて、メリハリがある、という感じかな。 指田 メリハリという言葉は働き方にも合いますね。入社したら忙しくなるだろうと思っていましたが、しっかりとオフの時間も取れています。効率的に仕事を進め、休日はきちんと休む。そういう企業風土が根づいていて、とても働きやすい環境だと思います。 藤井 当社は不要な残業はNGなので、自然と仕事の優先順位が定まるし、集中して取り組むことができるよね。 石井 最後に、就職活動をしている学生の皆さんへ、どんなことを伝えたい? 指田 一番大切なことは、楽しんでできる仕事を選ぶこと。私は「人と話す」ことを楽しいと思うので、不動産仲介業は最適な仕事だと思っています。 藤井 妥協せず、入社したい会社に行くべきです。妥協してしまうと入社してから苦労しますから。 石井 信託銀行系の基盤、顧客満足の視点、「人」をよく見る風土と当社には際立った特徴が多くあります。1つでも気になる要素があれば、ぜひ説明会などに足を運んでいただきたいですね。あとは、不動産業界に進みたいなら宅地建物取引士の資格を持っていると良いことがある、かな(笑)。今日は皆さん、ありがとうございました。