三菱UFJ不動産販売新卒採用2019

人を知る

若手社員座談会 自分を知る。会社を知る。軸を持って未来を探そう!

自分の付加価値によってお客さまの信頼を得る仕事。

司会 本日は同期入社の3名に集まっていただきました。まず、当社を知ったきっかけと、入社の決め手について聞かせてください。 深澤 不動産業界を中心に合同企業説明会に数多く参加する中で、たまたま当社のブースで担当者と話した時、とても良い印象を持ちました。それがきっかけで会社説明会、インターンシップにも参加し、MUFG傘下の銀行等との連携によって他社とは違った働き方ができるということが分かり、とても魅力的に感じました。 野頼 「人と関わる仕事がしたい!」という軸を持って、様々な業界を調べる中で見つけたのが不動産仲介業でした。当社は就活サイトで検索した企業の1社でしたが、面接の時に一番自分らしさを出せたと実感できたんです。面接担当者が私の人となりを知ろうとしてくれていると感じられて、とても嬉しかったですね。 角谷 大学の部活の1年先輩が入社していて、その人から「良い会社だよ」と聞いたことがきっかけでした。いくつか不動産会社を受ける中で、MUFGの一員というメリットがあること、当社の社員の印象や対応がとても良く、話しやすかったことも入社を決意するポイントになりました。 深澤 不動産業を選んだのは、将来、蓄積した知識やスキルを自分の家族や友人のためにも役立てることができるかなと思って。二人はどうだった? 角谷 不動産仲介業はモノを売るのではなく、自分の付加価値によってお客さまから信頼を得ていく仕事で、自分自身をアピールして仕事をしたい自分には向いていると思った。 野頼 私も角谷君と同じで、自分の人間性で勝負できる仕事がしたかった。最初は飲食業やホテル業に目が行ったけど、お客さまと関わる時間を考えると、不動産仲介業の方が長くじっくりとお付き合いできるところが魅力的だった。 深澤 「人で勝負する」業界だから、自分次第で楽しんで仕事ができる魅力もあるよね。

結果は「0か100か」。その分、やりがいも大きい。

司会 皆さんは新入社員研修を経て現在の職場に配属され、営業としての経験を積んでいる最中ですが、仕事の難しさについて聞かせてください。 深澤 難しいのはお客さまへの「伝え方」ですね。知識不足をカバーする話術というか…。銀行から紹介されたお客さまには、不動産や税金について詳しい知識や情報を持っている方も多く、専門的な質問に対して安易に「分かりません」と応えたり曖昧にするのではなく、宿題として持ち帰り、後日改めて回答することが信頼につながると意識しています。 野頼 不動産仲介業はお客さまの物件のご売却やご購入のお手伝いをする仕事で、仲介手数料をいただけるのは契約を取れた時だけです。そのプロセスでいくら時間や手間、費用をかけても結果は「0か100か」の仕事で、常に100に結びつけるのは本当に難しい。1年目の私たちには数値目標は課されていませんが、先輩のサポートをする中でも実感しています。 角谷 私の場合は二人と違って、MUFGの銀行や信託銀行などから紹介されるお客さまではなく、ネットを通じたお問い合わせを中心とした住宅を専門に取り扱う部署に所属しているので、1年目でも自分一人で動くことが多く、数値目標もありますが、困った時は先輩や上司に相談し、同行していただくこともあります。 司会 仕事のやりがいはどんなところに感じますか? 角谷 お客さまは一人ひとり違うので、こちらも接し方を変えなくてはいけない、同じことの繰り返しではない、というところが面白いんです。先輩たちのように自由自在に対応できるようになるともっと楽しいだろうなと思います。 野頼 私はまだ成約に結びついたことがありませんが、日々の接客でお客さまから「こんな物件を探していたんだ。ありがとう!」と感謝の言葉をいただけるとやりがいを感じますね。 深澤 ちょうど昨日、契約を締結したんですが、そのお客さまには1カ月ぐらいかけて電話やメールで地道にきめ細かく対応したことを評価していただいたようで、やりがいを実感するとともに営業としての自信がつきました。 角谷 少し前に成約した案件では、契約前日にお客さまが契約をやめるとおっしゃって…。物件に対する不安が原因で、先輩たちにアドバイスをいただいたり、役所で調べたりして必死に説明した結果、無事に契約できた。苦労した分、達成感も大きかったな。 野頼 先輩のサポートでも、物件調査を任されて何回も役所に足を運んで調べた内容が、契約書の文面に記載されていたのを見た時は嬉しかった。

メリハリのある働き方で仕事と私生活を両立。

司会 不動産仲介業における当社のセールスポイントついて聞かせてください。 角谷 当社はMUFGの銀行や信託銀行などと連携しているので、他社に比べて営業はやりやすいはずです。 深澤 確かに。ブランド力があるから、お客さまは「安心」のイメージをもってくださっていると感じる。 野頼 MUFGへの信頼があってお問い合わせをいただくお客さまが多いよね。ただ、その分、求められるレベルも高いので、期待に応えられないと失望も大きいはず。 角谷 MUFGの一員ということで税金関連について質問されることが多いよね。応えられないと「三菱UFJさんなのに…」という反応をされることも…。 司会 そのために、資格取得などの勉強はしていますか? 深澤 3人とも宅地建物取引士とファイナンシャルプランナー(FP)3級はすでに取得していて、次はFP2級にチャレンジしようというところです。 野頼 FP2級を持っていれば相続や事業承継などの案件にも対応できますし。 角谷 単に不動産の売買ではなく、お客さまのライフサイクルに合わせた、コンサルティング的な役割も求められるようになってきているので、幅広い知識を身につけることは大切だと思います。 司会 職場環境としての魅力についてはどう感じますか? 角谷 センターによって雰囲気が違うと思いますが、池袋東口センターは所長のモットーが「私生活を大事に!」で、部下に早帰りを促してることもあり残業は少ないです。自分次第で仕事と私生活を両立できる良い職場だと思います。 野頼 町田センターもメリハリをつけて働こうという意識の職場で、できるだけ定時に帰ることを目標にしているので、自分でスケジュール管理ができれば効率的に働ける。 深澤 休日制度がしっかりしているのも魅力だと思う。水曜日・祝日が固定休で、もう1日、自分の予定に合わせて休みを設定できるのはありがたい。 角谷 不動産業界では珍しいよね。 司会 最後に、これから就活に臨む大学生にメッセージをお願いします。 深澤 入社してから後悔しないように、多くの企業の方と会ったり、インターンシップに参加したりして、会社の中身をしっかり見ていくことが大事です。同じ不動産業界でも会社によって全く違うので、業種ではなく企業ごとに自分に合うかどうかを見極めるべきです。私の場合は、結果的に、当社に入社して正解だったと確信しています。 野頼 まずは、「自分を知る」こと。その上で自分が将来どうなりたいかを考えることが必要です。私の場合、結婚や出産があっても長く働ける会社がいいと思って探しました。私が勤めるセンターには目標になる女性の先輩方がたくさんいて、その姿を見ることで自分も頑張ろうという気持ちになれます。 角谷 就活の過程で自分なりの軸を持つことが大切です。私は「自分自身に付加価値を付けて、自分で営業する仕事」という軸がブレないように意識しました。皆さんも自分の軸がブレないように就活をして、結果として当社を選んでいただければ嬉しいですね。 司会 皆さん、本日はどうもありがとうございました。