三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

人を知る

難しさの先に、営業の楽しさがある 菊池 貴之

銀行系ならではのきめ細かい対応

営業担当者として、そして課長の立場に立ってみて、改めて当社と他の不動産会社との違いは何かを考えてみると、お客さまに対する気配りや配慮が行き届いているところだと思います。たとえば、ご高齢のお客さまに書類を拡大して作ってお見せしたり、理解しやすいよう、わざわざ資料を作成してご説明したり。不動産会社で、これほどきめ細やかに対応しているのは、銀行からお客さまをご紹介いただくからだと思います。提案した内容はお客さまだけでなく、銀行にも納得いただく必要があります。時には銀行の支店長と直接、案件に関わる打ち合わせを行うこともあるので、生半可な対応はできません。ですから若手もベテランも日々勉強。業務レベルの高い仕事ができるよう、知識の習得に努めてきました。

バランスの取れた営業組織が大切

新宿センターから郊外の町田センターに異動し、そこで課長になりました。センターに陣取るのではなく、積極的に営業同行することで課の業績を上げていったのですが、最初の頃は、自分の営業のやり方を部下に押しつけていた面がありました。若い人の営業を見て、なぜできないのかと思って指導していましたが、途中から、人それぞれのやり方でいいのだと考えを改めました。先入観を持たずに一人ひとりに接してみて、何か足りないものを感じとったらそこを補っていこう、そのような考え方に変えたら職場の雰囲気が変わりましたね。営業社員が5人いたとして、2人は目標達成できたけど、残り3人が達成できないのは健全な状況ではありません。営業力の底上げは、課長としての私の役割だと思っています。

失敗をどんどん経験しよう

不動産の売買で、うまく成約に至った時にお客さまから感謝の言葉を聞けるのがこの仕事のやりがいです。大事な資産を誰に任せるか、多種多様な選択肢の中からお客さまの信頼を勝ち取るのですから、簡単にはいきませんし、難しい課題に対処する必要もあります。いまの若い人は賢くて優秀ですが、熱い気持ちは少々薄まっているように感じます。失敗して傷つくのが嫌なのでしょうか。しかし失敗しないと鍛えられないし、失敗を恐れて挑戦しないのはよくないことだと思うのです。私は負けず嫌いな性格なのでこの気持ちが強いのですが、とにかく負けそうでも、逃げたくなっても一度勝負すること。そうすれば不動産ビジネスの楽しさも感じるし、プロフェッショナルになるための経験も積むことができます。