三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

人を知る

お客さま以上に、お客さまのことを考える 菱田真広

買主と売主、相反する気持ちをまとめる

特に不動産業界にこだわりなく就職活動をしていたのですが、当社の面接を受けた時に、志望動機をあまり聞かれず、今まで何をしてきたの?と学生の私のことを積極的に知ろうとしてくれる。それがかえって当社に魅力を感じるきっかけになりました。
買いたい、売りたいという相反する立場をまとめ上げ、両者に喜んでいただくことが不動産仲介の仕事です。買主は夢のマイホームを手に入れたいというポジティブな気持ちがありますが、売主は場合によってはネガティブな気持ちを持っています。その両者の思いをいかにくみ取るか。難しいですが、独り立ちできるまでは研修も充実していますし、先輩社員もしっかりフォローしてくれるので安心です。

仕事の先に感謝と喜び

お客さま以上にお客さまのことを考える、それがこの仕事の成功のポイントだと思います。例を挙げて説明すると、私が初めて手がけた売却の案件ですが、そのお客さまは土地・建物を売却したいけれども、売れそうもないと半ば諦めていました。隣接地との土地境界線も曖昧で、必要な書面も足りない状況でした。私は手を尽くして書類を整え、買主さまを探し、ほぼ希望の価格で売却。契約にこぎ着けた時、お客さまは泣いて喜んでくれました。お客さまは長年の悩みから解放されたのです。この経験は、私に不動産の営業に大切なものを教えてくれました。
もうひとつ、不動産の営業で大切な考え方はチームワーク。いままで私は不動産の営業は、自分の力で切り拓いていくものと思っていましたが、そうではありません。上司や同僚だけでなく銀行や司法書士や別の不動産業者と連携し、チームワークを発揮して成し遂げていきます。当たり前のようですが、入社5年目を迎える今、非常に実感しています。

欲を出し、トップをめざせ

私は楽観的な性格なので、上司からは常に最悪のことを想定しながら行動するようにと言われます。確かにこの仕事には先読みする力が求められます。私は小学校の頃から囲碁が好きで、一時期プロを目指すほど打ち込んでいました。囲碁というのは局面を見たり、相手の行動を読みながら戦法を考えます。先の流れを読むクセがつき、相手の立場に立った行動をとろうとするので、不動産の仕事にも通じるものがあります。
荻窪センターは私を年長とする若手営業が多いので、新人から相談を受けることもあります。思うに、今、若手の営業に足りないのは欲ですね。もっとガツガツしていいし、トップを目指そうとする気持ちが大切だと思うのです。
当社の良いところは、言いたいことが言える社風。正しいことは立場を超えて意見できる、そんな会社はあまりないと思うので、私自身、この環境を存分に活かし、上昇志向で仕事に取り組みたいと思います。