三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

人を知る

センター全体を見据え安心と信頼をつくる。 高橋 優李

先輩社員のリアルな話が聞けた座談会

もともと一般職を希望していましたが、業界は特に定めず就職活動をしていました。当社は金融系の不動産会社、ということで単なる事務ではなく、専門的な知識を身につけることができるのでは、と興味を持ち会社説明会に参加しました。説明会では年齢の近い先輩社員たちとざっくばらんに話せる座談会の時間が長くリラックスして話せました。たとえば、オフィスでは、どのような服装が好ましいのか、大勢の学生が集まる説明会場ではなかなか質問できませんが、実はとても気になることのひとつ。座談会でリアルな仕事の話や職場の雰囲気を聞くことができ、自分がこの会社で働いているイメージができました。面接でも緊張せず、心がけていた「笑顔で話すこと」ができ、ありのままの自分を出せた会社はここしかないと、迷うことなく入社を決めました。

業務を分担し、時間と仕事量を先読みして動く

柏センターで働き出してまず驚いたのが仕事の多さでした。一般職と言えば、パソコンに向かう単調な作業が多いのかと思っていましたが、確認作業ひとつ取っても、専門的な契約関係書類からセンター内全員の勤務表の集計までさまざま。電話や来客者の対応、金銭を管理する経理事務や本社への提出書類の作成、ホームページの更新など幅広い仕事に携わることができます。
柏センターの一般職は私を含めて3名。以前は、手の空いた人が順に次の業務をしていたのですが、現在は業務を分類し、担当を決めて週単位で計画的に回すようにしています。これにより、1日のスケジュールを組み立て、時間に気をつけながら自分のペースで仕事を進めることができるようになりました。予定通りにきっちりと仕事が進むと達成感がありますね。不明点があるときには、積極的に先輩に聞くようにしています。
入社約2年、先輩方を見ていて新しい目標ができました。先輩方は営業担当者から不動産の専門的な質問をされても即座に答えられるほど知識が豊富ですし、周囲をよく見ていて、私にアドバイスをしてくれます。営業がお客さまに集中できるよう、業務のサポートから職場環境の整備まで担い、センターを安心と信頼で包んでいる、そんな存在に自分もなりたいと思っています。

お客さまとの距離を縮めたひと言

不動産の知識を増やし、日々業務のスキルを磨いていますが、自分の持ち味や強みを伸ばすことも大切だと思っています。入社2年目になった頃、ある年輩のお客さまからの電話を受けました。柏センターの場所が分からないという内容で、約束の時間を過ぎて慌てていた様子でした。道順を教えて差し上げて、最後に「気をつけてお越しください」と付け加えたところ、営業の先輩から「高橋さんのような丁寧な対応できる人、なかなかいないんだよ」と褒められました。接客好きの私としては、少しでもお客さまとの距離を縮めたいと、自然に口をついて出た言葉でした。
信頼と安心は当社の経営方針ですが、事務の仕事にもその考えは息づいています。センター全体を見るようにし、相手には丁寧に接する。そして常に正確な情報を提供して、周囲からより信頼される一般職を目指し、今後もがんばります。