三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

採用情報

人材育成

若手社員の教育制度

【総合職】

1新入社員研修 入社直後の研修では、社会人として必要なビジネスマナーや基礎知識、住宅仲介の基本となる物件の見方、調査の仕方、接客の初歩的なノウハウなどを学びます。
2配属後の教育 配属先では、先輩によるマンツーマンのOJT指導を中心に、不動産の調査・現地検分やお客さまとの面談などの実践も織り交ぜ、日常業務を通して不動産仲介営業の基本を身につけていきます。
3フォローアップ 定期的に本社でのフォローアップ研修を行い、育成状況の確認とスキルアップを図ります。「調査」「価格査定」「条件交渉」「契約手続き」「決済引き渡し」など一連の業務を身につけられるように、配属先と人事部が一体となって育成します。

【一般職】

1新入社員研修 入社直後の研修では、社会人として必要なビジネスマナーや基礎知識、業務管理や経理・人事システムの操作など日常業務の基本を学びます。
2配属後の教育 配属先では、先輩によるマンツーマンのOJT指導を中心に、電話応対や来店時の接客、契約書類のチェック、情報管理、人事・総務・経理など、日常業務を通して事務の基本を身につけていきます。
3フォローアップ 本社でのフォローアップ研修を行い、育成状況の確認とスキルアップを図ります。事務レベルのさらなる向上に加えて、組織の一員として貢献できるように、配属先と人事部が一体となって育成します。

全社員対象の
研修
写真

不動産仲介実務だけでなく、お客さまの資産全体を見据えた質の高いコンサルティングサービスを提供するためのスキルアップを図ります。
また、グループ会社共通の研修に参加する機会もあります。

●スキルアップ研修(契約書・重要事項説明書・税金・相続など)
●社外不動産取引実務研修(法律・税金・建物知識など)
●MUFG・三菱UFJ信託銀行主催研修
(ビジネスコミュニケーション・ロジカルシンキング・コーチングなど)

資格取得の
バックアップ

●宅地建物取引士
●FP(ファイナンシャルプランナー)
●住宅ローンアドバイザー
●不動産コンサルティングマスター