三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

採用情報

人事メッセージ

お客さまから頼りにされる不動産のプロフェッショナルを目指して。

人事部 採用研修グループ
主任調査役
城所 和彦

プラスアルファの付加価値を提供できる人材に
自分よりお客さまのことを第一に考える人、お客さまのために何ができるか考え、お客さま以上にお客さまのために行動する人を募っています。
これは当社が掲げる「フィデューシャリー」と連動してきます。信頼に応え続ける人でいなければなりません。
お客さまと信頼関係を構築するためには、プラスアルファとなるご提案をすることが重要です。プラスアルファの部分をどのように工夫するか、自分らしさをどのように発揮できるかが、その人にしかできない提案になるのだと思いますし、それができた時こそ、お客さまの期待を超えたサービスができるのだと思います。
良い提案ができた時、お客さまから感謝された時、お客さまの笑顔に接した時、努力が報われた時、その瞬間を皆さんにも味わってもらいたいです。

ご縁とタイミングを大切に、チャンスをつかんでほしい
皆さんも、将来のビジョンと仕事している自分の姿を照らし合わせていることと思います。当社では会社説明会などを開催し、不動産業界や当社の仕事について詳しくお伝えしています。
皆さんとの出会いもお客さまとも出会いは常にご縁とタイミングが大切だと思っています。私自身、このご縁とタイミングをしっかりと導けるように、日々の仕事に真剣に向き合い、さまざまな経験を積んできました。
皆さんにもさまざまな経験を積んで自分自身も成長させてほしいと思います。当社はMUFGグループの一員であるため、不動産のプロフェッショナルとしての高い意識を持ち、不動産のプロフェッショナルとしての視点と知識に加え、広い視野やバランス感覚が必要となります。また、MUFGグループ各社と協働することから、案件を管理し調整していくという、非常にハイレベルな能力を求められます。皆さんとのご縁をお待ちしています。

新しい力が
不動産流通ビジネスの将来を担う。

人事部 副部長
古澤 彰二

転機を迎える不動産流通ビジネス
私たちが担う不動産流通ビジネスは今、大きな転機を迎えています。
わが国の住宅政策は、これまでの新築住宅の供給を重視するスタンスから既存住宅の流通を活性化していくという方向に転換しています。欧米では良質な住宅を大切にして長く住まうライフスタイルがあり、同じ住宅が世代を超えて新しい住み手に何度も受け継がれることが一般的です。日本でも、そのような住宅に対する考え方が徐々に浸透していくのではないでしょうか。
そうした中で、不動産流通を担う私たちの業態には大きな期待が寄せられているのです。当然のことながら、お客さまの大切な不動産を取り扱う重い責任があることを忘れてはなりません。仕事に対する期待と責任の大きさにやりがいを感じていただける、そのような皆さんに不動産流通ビジネスを志望していただきたいと思います。

私たちの誇りを社会に
不動産に関わる仕事では、業務に関わる深い専門性や関連する幅広い知識、お客さまの信頼を得る誠実さ、様々な関係者をコーディネートする調整力など、知見や人間性が問われます。過去には不動産業界に対してネガティブなイメージを持つ方もおられましたが、そうした状況は徐々に変化しているのではないでしょうか。
私たちは、この仕事が非常にハイレベルなものであることにプライドを持っていますし、お客さまや社会からそのような評価を受けるべく、日々努力しています。若い人たちにとっては、多面的な成長が実感できる環境に身を置くことができると言えるでしょう。
平成27年の法律改正により、従来、宅地建物取引主任者と称していた国家資格が「宅地建物取引士」に改められました。私たちは、弁護士や会計士と同じレベルの仕事が期待されることになったと捉えています。将来に向かって、私たちとともに「自分が不動産の仕事のステイタスを上げたい」いう高い志をもった方にお会いしたいと思います。