三菱UFJ不動産販売新卒採用2018

事業を知る

私たちには、託せるクオリティがあります。

三菱UFJ不動産販売のビジネス展開

三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJ不動産販売は、昭和62年に信託銀行を母体とする住宅仲介会社として創業しました。
その後、三菱UFJ信託銀行グループの中核会社の一社として事業用不動産・投資用収益物件の仲介から不動産の有効利用などと業容を拡大し、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の一員として、高いクオリティを兼ね備えたソリューションをお客さまに提供しています。
当社の不動産ビジネスは、大きく3つの分野に分かれます。「住宅仲介」はお客さまの住まい探し、売却や買い替えなどをお手伝いする業務。「事業用不動産の仲介」では個人・法人のお客さま向けに不動産投資・遊休不動産の有効活用や資産の組み換えなど不動産に関わる多様なニーズにお応えしています。さらに「ネット営業」にも注力し、オリジナルサイトである「住まい1」では良質な最新の不動産情報を提供しています。

リテール営業と法人営業

リテール営業と法人営業

三菱UFJ不動産販売の営業拠点は首都圏、名古屋、関西に展開し、個人のお客さまの窓口となるセンターと法人のお客さまの窓口となる法人営業室に分かれます。
個人を対象とするリテール営業は、一戸建て、マンションなどの居住用不動産に限らず、投資用収益物件のご紹介、相続への備えなど、お客さまのニーズやライフスタイルなどを把握し、不動産の売買取引をサポートします。法人営業は、本社ビルの購入や自社工場など、事業用不動産に関する売買仲介業務のほか、企業の不動産活用戦略をコンサルティングし、事業活動をサポートします。
当社の特徴は、三菱UFJ信託銀行などと緊密に連携を図り、不動産ソリューションのノウハウを結集して、さまざまな要望に応えることです。個人・法人のお客さまから信頼されるパートナーとなるために、的確な戦略のプランニングときめ細やかなサービスを提供して、お客さまのニーズを具現化していきます。